デジタルスチルカメラ専門 面白実験&コミュニティーサイト  Powered by Digiken-net
デジタルカメラ研究マガジン
旧機種デジカメ特集
オリンパス E-20 の巻
オリンパスのE-10の発売は2000年の暮れ、そこからちょうど1年後の2001年の終わりにE-20が発売されました。当時はどちらも20万円近い定価ですから、買い換えるなんてことも難しかったですし、ましてどちらも所有することは夢に近かったです。
ところがデジタルカメラは値落ちも早かった。2006年の年末時点でE-10とE-20の2台を中古で足しても6万円でお釣りがくるでしょう。いえいえ、普通は今になってふたつとも手に入れることは無いでしょうし、6万円出せばE-300のレンズセット、E-500だって中古で買えてしまいますし、、。でも昔に欲しかったカメラは一度は使って見たい。と言うことで、デジ研ではE-20も手に入れてしまいました。

と、前説が長くなりましたが、E-10もE-20もどっちも良いカメラですね。E-20は500万画素になってノイズがどうかなと見てみると、ISO感度160でもE-10に比べてザラザラ感が減ってます。そして何と言ってもこのシリーズは開放値がズームレンズなのにF2.0からはじまっていて、高級ガラスレンズと相まって写りは最高。下手な安物レンズを取り付けた一眼レフデジカメなんかよりはよっぽど良いです。

随分前のレポートになりますがE-10で面影橋を歩いた実写レポを書きました。
実はこのE-20のレポートも2006年の8月ごろにまとめるつもりがすっかり忘れてたといいますか、、いろいろありまして冬の今次期になってしまいました。

早稲田界隈を散策したときの画像です。
小雨の降る天気で開放F値の明るいE−20にしても手ブレ限界。

左が都電の早稲田終点。右はひとつ前の停留所。どちらも質素と言いますか、ローカル線なんだよね。利用客は多いんだけれど、早稲田まで乗る人は少ないかな。


都電早稲田停留所の横を流れる神田川を越えると豊島区になります。この辺は時代から取り残された建物と雰囲気が漂っていて、少し寂しくも感じます。30年前の町並みにタイムスリップしたかのような古い建物も点在していて、そう言うのが好きな方は訪れて見てください。


豊川稲荷のキツネ様。この近辺は神社がとても多くって、小さな神社でも夏祭りは昔は盛んでした。今はどうなんでしょうか。


マクロモードで撮影。
E-20はレンズ交換できない分、レンズの性能やマクロ機能は優秀です。この日は天気に恵まれず、どうしても絞りが開放近辺で撮影していたため、どの写真もキレの良い画像になっていないのが残念ですね。


高田馬場へ歩いていくとレンガ造りの建物を発見。でも、誰も使っていないようで近くで見るとボロボロです。雰囲気は出てて良いんだけれどね。

高田馬場は坂と車も入れない細い路地が多いんです。


賑やかな音色の向こうにチンドン屋がいました。余り見かけなくなった人たちですが、ここではまだ活躍しているんですね。

デジタルカメラ大実験