デジタルスチルカメラ専門 面白実験&コミュニティーサイト  Powered by Digiken-net
デジタルカメラ研究マガジン
超小型スナップカメラ E−410

今だから買うのだ! 編

そろそろ E-420 が発売されますね。
とっても可愛そうな存在が E-410 君で、在庫一掃のほぼ叩き売り、、なんとレンズセットの新品が5万円を切った価格で売られてたりします。実に良いチャンス到来(笑)!中古で探せば4万円ちょっとでも手に入るし、中古ったってまだ発売から1年もたってない良いコンディションのカメラだったりします。


E-410と標準ズームのセット

そもそも、E-420なんてライブビューで撮影時にコントラスト検出AFが使えるって、、それはコンパクトデジタルカメラの領域でしょう。そっちに任せておきなさい!しかも顔検出機能搭載って、そんなものイラン!
と考えられるならば、E-410で十分じゃないか!
ただし、秒間3.5コマに進化した連写機能だけはヨダレが、、いやいやたかが、3コマから3.5コマになっただけだし、、で我慢できる人、E-410 で満足できます。買いなさい(笑)
これほどまでに超薄型なボディーデザインになれたのもフォーサーズのおかげ。ちっちゃいカメラ好きにはたまりません。オリンパスとしては女性用を謳っている向きがありますが、どっこい男性の物欲を満たす最高のカメラでもあります。えーい、E-420でも E-410でも構わないから、手に入れて楽しく使っちゃおう!

手にして思うのは、意外とチープな感じがしない。むしろ、小さくギュッとメカを押し込んだことで高級感バリバリ有ります。
ここでアドバイス!
オリンパスのフォーサーズシリーズを持っていても、E-500より前の機種だった人は迷わず「レンズセット」を購入するべし!です。一つ前の標準ズームレンズってば「イモ」のような外観と大きさ、、E-410やE-420に流用しようと思ってはいけません。デザインも崩れるし、何より「ちっちゃい」メリットが無くなってしまいます。お金に余裕があれば、ダブルズームのセットならなお良し。ちっちゃいカメラにはちっちゃいレンズです。同時発売のパンケーキレンズも良いし、35mm MACRO もオススメです。安いのに2倍マクロ対応は流石に重宝します。

PENTAX K100D と E-410
いまさら比較ってもんじゃないんだけど、どちらも「マイナーチェンジ」して、この春から絶版モデルになりましたから、中古で手にする人には比較材料かなと。ペンタックスはファインダーも良いしホールディングも良いし、とてもよいカメラです。その良いカメラに負けないのがE-410君。連写モードで同時にシャッター切ると、明らかに E-410の方が軽快。パシャパシャ撮れます。1000万画素なのに。
ちなみに、E-410と上位機種のE-510を連写モードでシャッター同時押しすると、全く同じフィーリングで撮れて行きます。つまりは、E-410とて全く妥協をしていない、カメラ作りをしてくれているんですねーっ。

標準ズームを使って、戸田公園のいつものネコ撮りをしてきました。









標準ズームは14mmから、つまりは28mmからの画角からはじまり、これは他のPENTAX や CANON なんかの一眼レフの標準ズームと同じ画角になっています。オリンパス純正のフォーサーズレンズは抜群に写りが良いので、このレンズセット用の標準ズームでもなんら問題なく実用できます。上のネコのカットはすべて逆光で撮影しているのに、フレアや画質の低下は全く無いのが凄いです。他のマウントのレンズでは「デジタル対応」になった新型レンズでは大丈夫ですが、古いレンズなんか使うとかなりの画質低下が現れますもん。ペンタックスにシグマのデジタル非対応レンズなんかくっつけたら、逆光じゃ撮れません。
このカメラE-410(E-420)には、背伸びせずにスタンダードレンズとの組み合わせが一番似合っているように思えます。ハイグレードタイプのフォーサーズレンズはE-510に取り付けるとバッチリです。

デジタルカメラ大実験