デジタルスチルカメラ専門 面白実験&コミュニティーサイト  Powered by Digiken-net
デジタルカメラ研究マガジン
Zuiko Digital ED 50-200mm F2.8-3.5
上野動物園 編

ZD ED 50-200mm F2.8-5.6はとても良いレンズ。
悪いところをあげればデカい(笑)と言う事。
レンズ単体で約1キロ!ガラスの塊みたいに思えます。
これに E-510 のシステムで組むと1.6キロを超えてしまう、、。

E-510 と ZD ED 50-200mm F2.8-3.5

ハッキリ言って重いです。余りの重さゆえに着脱式の三脚座が標準装備されています。
望遠端が 200mm とは言え、フォーサーズの場合2倍換算される為、400mm相当の超望遠。
とても手ブレ補正搭載のボディでないと、手持ち撮影は困難。
今回は上野動物園に連れ出してみました。



E-510 のカメラが軽いのに、このレンズと組むと、とっても重たいシステムですね(笑)
小さな子供も一緒だったので、とにかく色々と大変。まともに写せる時間も無いんだけど、手際よくパシャパシャと。カメラ任せのプログラムAEですべて撮影しています。ジックリと構えられるときなら気にもならないけれど、やはりこの E-510 の3点側距の精度と使いにくさはなんとかならないものか、、。これでファインダーが良ければ明るいレンズでピントのヤマも確認できるけれど、E-510ではさすがにどこにピントが来ているかはカメラのスーパーインポーズされたポイントを信じるしかない。


F4.5
1/320s

F3.5
1/200s

E-510 のプログラムAEはISO感度も自動で上がっていきますが、かなり最低感度で粘ります。確かにこのフォーサーズのCCDは高感度でノイズが急激に多くなるとは言え、カメラ側にはレンズ情報、つまりは最望遠側で撮影している情報が伝わっているのに低感度で頑張っちゃうから、ボディ内手ブレ補正が働いても、結構な被写体ブレが多かったです。
帰ってきてから思ったのは、動体撮影モードにすれば良いのかなぁとも、、。但しそちらはコンティニュアスAFになっちゃって、一体どこにピントが今来ているのか、カメラは何処を狙って合わせてくれているのか、ファインダーが貧弱で良く分かりません。みなさん、どうやっているのでしょうか。
望遠側での絞り開放時 F3.5 では少し画像が甘くなります。上の画像のゾウさんの写真をダウンロードして見てもらえれば分かりますが、F3.5の時はちょっと甘いね。どのレンズも多少絞ると良い写りになりますから、こう言う望遠レンズは明るい太陽直下の被写体を狙うとコントラストも解像感もバッチリ決まるのでしょう。


動物園なのにニワトリーっ?

娘の希望で、ほぼ8割方ふれあい広場にいたものですから、撮ってきた写真のほとんどは家畜(笑)。どこに行ってたのか分かりません。ニワトリ君は ISO400 に増感です。明るい背景の為、ノイズっぽさは消えています。しかしこのシーン撮るのに苦労した。とにかくファインダーが貧弱なのと、彼が小刻みに頭を動かす性質なもんだから、AFで目にピント合わせても微妙に前後にズレる。E-3に乗り換えれば良いじゃないかとなるんですが、重いシステムは子連れでの撮影にこれほど不便な物は無いのですよ。同じミラー式ファインダーを使うのなら、いっそ PENTAX の K100D に DA 55-300mm を組み合わせたほうが開放F値は暗くなるけれど激的に軽くすむのとファインダーの見易さで良いのではなかろうか、、と真剣に感じてしまいました。
但し、しっかりフォローしておくと、これは子連れ前提の言い分なので、そういう条件の人への参考意見。動物園と言う場所へ行くのは子供と一緒に行く人がかなり多いでしょうからね。





ハシビロコウ

ところでハシビロコウと言う鳥がいます。
彼だけは実に撮りやすかったです。
何せ、全く微動だにしない!
家で飼ってみたいな〜。

デジタルカメラ大実験